プエラリアミリフィカとホルモン置換療法

女性は年齢ごとに大きな体の変化を感じます。
中でも心身ともに大きな問題が生じるのが更年期障害です。
よく耳にしたことがある症状のひとつですが、具体的にどのようなものか詳しく知っているでしょうか。

更年期障害とは中高年の女性に起こる症状のことで、平均的には45歳から55歳ごろまでに症状が発生します。
具体的な症状としては、発汗、ホテリ、吐き気、頭痛やめまい、耳鳴りといった症状があります。
さらに精神的には、不安感やイライラしたり、倦怠感やうつ病などになってしまう場合もあります。
この更年期障害は人によって症状が大きく異なります。
思ったよりも軽い人もいれば、家からでることも困難になる人もいます。

更年期障害が起きてしまう一番の原因は、女性ホルモンの減少です。
更年期障害では閉経によって卵巣機能が低下して、女性ホルモンの分泌量が一気に低下して起きててしまいます。
閉経は避けられない体の変化なため、女性ホルモンを補うことで高年障害の症状の緩和をすることができます。
更年期障害の治療法として使用される方法で、ホルモン置換療法と呼ばれています。

このホルモン置換療法として適しているのがプエラリアミリフィカという植物です。
プエラリアミリフィカは、女性ホルモンのエストロゲンに似た働きがあることが分かっています。
具体的には植物性エストロゲンやイソフラボンなどが含まれています。
プエラリアミリフィカに配合されているイソフラボンは、大豆イソフラボンに比べると40倍以上の効果がるといわれています。
また大豆イソフラボンには2種類のイソフラボンしか配合されていません。
それに対してプエラリアミリフィカの場合は9種類ものイソフラボンが配合されていることが分かっています。
なので女性ホルモンを補うためにはとても効果的だといえます。

プエラリアミリフィカは主にサプリメントで摂取できるようになっています。
一日に数粒の摂取で女性ホルモンを補うことができ、外出先でも手軽に摂取できます。
更年期障害の症状を少しでも軽くすることができるため、プエラリアミリフィカの摂取がお勧めです。
また、気になるプエラリアミリフィカの副作用についても参考にご覧ください。

トップに戻る